訪問介護 大きな木 大阪市 城東区・旭区・都島区・鶴見区に対応

大きな木 LIFE&SMAILE

雑誌「ザ・ヒューマン」の雑誌取材

ザ・ヒューマン

今回は大沢逸美さんとお聞きし、対談をお受けしました。

大沢逸美さんは、母親の介護をご自身でされておられ、苦労をされたことや、ご利用者やご家族の声を直接聞けることができ、凄く勉強になりました。

大沢 逸美(オオサワ イツミ)
■女優
■北海道札幌市出身北海道北広島高等学校を経て、明治大学付属中野高等学校定時制中退。 1982年、第7回ホリプロタレントスカウトキャラバンに合格、1983年、『ジェームス・ディーンみたいな女の子』でデビュー。その後は、司会・女優と活動の幅を広げる。近年は最愛だった母親の要介護認定を受け、介護をしてきたが後に亡くす。それをまとめた手記を出版した他、介護に関する講演活動も行っている。

雑誌「ザ・ヒューマン」2012年3月号

厚生労働省の健康大使の雑誌取材

 健康大使 取材

厚生労働省から健康大使に任命された五十嵐めぐみさんが、
雑誌取材のインタビュアーとしていらっしゃいました。

【健康大使とは】
2007年11月に厚生労働大臣から、官民あげての国民運動(新健康フロンティア作戦)を展開する一環として、健康づくりに理解、知識を有する著名人の中から20名が任命されました。

健康大使の主な活動
● 各省庁、関連団体等が主催するイベント・講演会等への参加
● 健康づくりに関するホームページ等広報媒体への出演
● 御自身のチャンネルを活用した健康づくりの国民への呼びかけ、啓発

厚生労働省のページ
健康大使のページ

テーマは、介護業界への参入について。
異業種からの介護業界転身でしたので、その点を含めたお話をさせて頂きました。 対談形式でしたから大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました。

五十嵐 めぐみ (イガラシ メグミ)
■女優
■愛知県名古屋市出身。淑徳学園高校卒業後、TBSドラマ「さかなちゃん」でデビュー。主な出演作品に「スワンの涙」「渡る世間は鬼ばかり」「3年B組金八先生」などがある。
また最近では、厚生労働省が任命する 「健康大使」としての活動も行っている。

雑誌掲載について TOPへ